施工工程

お墓の施工工程

1.床掘り
栗石を敷くために、床を掘ります。

2.栗敷及び転圧
栗石を敷き、天圧機で隙間を埋めます。

3.目潰しバラス入れ
栗石の上にさらに小さなバラスを入れ、より強固にします。

4.配筋
4分筋(直径12mm)を、15cm間隔で組みます。

5.生コン打ち
生コンクリートを10~12cmで打設します。

6.外欄
裾付

7.補強金具埋設
石の繋ぎ部分を補強するために、金具を埋め込みます。

8.カロート
(納骨堂)裾付

9.補強金具埋設
カロート(納骨堂)の接合部分に、それぞれ金具を埋め込みます。

10.カロート
(納骨堂)内部寒水石敷き込み

11.順次裾付

12.完成

松杭打ち・お骨堀上・記念碑などの工事

松杭打ち工事

地盤の弱い地域では、地盤を安定させるために、写真のような松杭打ちを行うことがあります。

地盤の状況と重機の搬入状況により、杭の長さや太さを考慮し、杭打設の本数を決めます。

末永くお参り頂く為に、松杭を打つことで地盤が強化され長期的に安心です。

お骨堀上げ工事

墓地埋葬法が制定されたのは昭和23年ですので、それ以前のお墓は土葬の場合があります。
昭和の初期までは火葬場が整備されていなかった為、土葬がほとんどでした。
お墓を改葬したり、墓石の建替えを行うためには、土葬を堀上げ、改葬し、役所への手続きが必要です。
当社ではその手続きの代行も承ります。

pagetop