位牌・過去帳について

お位牌を作る

葬儀から忌明け(四十九日)法要までお祀りしていた白木位牌は、本位牌(黒塗や唐木位牌)と取り替えます。
※浄土真宗では、法名軸(法名を記した掛軸)または過去帳を用います。  
  
死者は四十九日になってはじめて成仏するとされています。つまり、成仏して初めて位牌に戒名が刻まれるということなのです。(ただし、生前中にあらかじめ戒名、法名をつけてもらい、位牌に書き記した「寿牌」というものもあります)。
位牌を新しくお仏壇におさめる時は、必ず開眼供養を壇那寺の住職にお願いして、入魂してもらわなくてはなりません。また、お仏壇は本尊を安置し、仏さまにお参りするための祭壇ですから、位牌をお仏壇の中央に配置したり、本尊より上段に安置することがないように、注意しましょう。
 

位牌の種類

 本位牌の形や大きさには、いろいろあります。故人一人に一基ずつ作られる「札位牌」に対し、屋根や扉のついた枠に複数の位牌をおさめた「繰り出し位牌」、札位牌の大きな「屏位」があり ます。何代にもわたって多数の位牌がお仏壇の中にあるという場合は、三十三回忌や五十回忌に 先祖の位牌にまとめるか、「繰り出し位牌」「屏位」にまとめましょう。

戒名・法名

 戒名・法名は、普通亡くなった方につけられる名前と思われていますが、本来は仏弟子になった証につける名前なので、生前につけてもかまいません。
 戒名や法名は本来二文字で表わされますが、院号(生前に社会的に高い貢献をした人につける)、道号(戒名の上につける)、位号(戒名の下につける)の全てが戒名と受け取られがちです。
 戒名・法名は宗派によって特徴があります。お寺様にお尋ねください。
 

お位牌を作るときに注意したい事。

○お仏壇の様式・大きさに合わせて、バランスを考慮します。
○ご先祖様のお位牌がある時は、その大きさも参考にします。仏壇の中のご本尊の目線を隠れないように、ご本尊より下の段に安置しましょう。
○戒名(法名)、死亡年月日、俗名(生前のお名前)、享年(死亡年齢)を白木位牌より書き写して、ご持参いただくと、仏壇店などでご準備できます。
 
 

○夫婦位牌

夫婦二人で1本のお位牌を作る事を、夫婦位牌又は二人彫りとも言います。 地域にもよりますが、大体の場合は、向かって右側がご主人で、左側が奥様になります。裏面はその反対に向かって右側が奥様、左側がご主人になります。これは、表に書かれている戒名の真裏がご俗名になるためです。※ただし、裏面も表と同じように向かって右側をご主人にする事もあります。

pagetop