純金上前彫華鋲卓(お東用)

ご本尊の前の須弥壇上にのせるお机を「上卓」といいます。上卓の上には火舎香炉を中心にして、華瓶を前方両端に置き、お仏供は火舎香炉の両脇に置きます。法要の時は、打敷を掛けます。

pagetop