真鍮蓮笠本金消メッキヨーラク

真宗で使用する輪灯瓔珞です。仏壇内側の両脇に取り付けます。瓔珞は仏像の頸(くび)や腕、ひじ、脚などを飾る珠玉や貴金属で編んだ装身具のことですが、宮殿の装身具として使われます。

サイズ:小〜特大/1対

小:206×55㎜
中:243×60㎜
大:270×66㎜
特大:320×74㎜

pagetop