真宗大谷派一般

真宗大谷派用の簡易お仏具のセット一覧です。

真宗大谷派一般の各商品一覧

  • 本尊

    真宗大谷派のご本尊阿弥陀如来のお掛け軸です。お仏壇の中央にお掛けします。

    ▶︎詳細
  • 脇掛(右)

    脇掛けの十字名号「帰命盡十方無碍光如来」です。お仏壇の向かって右側にお掛けします。

    ▶︎詳細
  • 脇掛(左)

    脇掛けの九字名号「南無不可思議光如来」です。お仏壇の向かって左側にお掛けします。

    ▶︎詳細
  • 新金過去帳(日付なし)

    故人様の法名・没年月日・ご俗名を記します。

    ▶︎詳細
  • 一本足見台

    過去帳を乗せる台として使用します。

    ▶︎詳細
  • 華鋲 磨き

    水は華瓶に入れ、樒(しきみ)などの青木を供えをします。

    ▶︎詳細
  • 火舎香炉 磨き

    火舎香炉とは焼香を行うための香炉で真鍮で出来ています。三本足の一本を正面にして置きます。

    ▶︎詳細
  • 六角金メッキ仏器台

    仏飯器を置くための台として使用します。

    ▶︎詳細
  • 盛槽PC

    ご飯を蓮の実に似せて円筒形に高く盛りあげます。

    ▶︎詳細
  • 鋳物ゴム付仏飯器 磨き

    ご飯を備える(供える)お仏具です。

    ▶︎詳細
  • 六角神前丁足 アルミ吊灯篭(お東用)

    御本尊様のお顔や姿を明るく照らすために使用します。大谷派の灯籠の脚は真っ直ぐにのびた蝶足と呼ばれるものを使用します。

    ▶︎詳細
  • ともし灯基本セット

    吊灯篭用のLEDライトと配線がセットになったものです。

    ▶︎詳細
  • PC金箔色 八角供華(総金)

    法要時に、主にお華束(けそく:小餅)を盛る供物台です。

    ▶︎詳細
  • PC中京型高月 朱色

    お菓子や果物などを盛る供物台です。

    ▶︎詳細
  • 東型花立 磨き

    お花を生けるのに使用します。造花や毒花、トゲのある木花、つるに咲く花はお供えいたしません。

    ▶︎詳細
  • 丸鶴亀火立 磨き (右)

    鶴亀の燭台は亀の背中にのった鶴が、口に蓮軸をくわえている姿のもので、燭台としては室町時代よりこの形式のものがあります。
    ローソク、または木ロウを立てて使用します。

    ▶︎詳細
  • 透香炉(お東用)

    お線香をたくのに使用します。真宗ではお線香を寝かせて焚きます。仏様を迎えるお清めの意味もあります。

    ▶︎詳細
  • 香炉灰

    香炉に入れて使用します。

    ▶︎詳細
  • 打敷 中三丁

    法要時に、お仏壇に敷きます。もともとは、お釈迦様の説法の座をおかざりしたことに由来しています。

    ▶︎詳細
  • なごみリン

    お経を始める前、区切、終わりに鳴らして使用します。

    ▶︎詳細
  • 面金経机

    経本を置くのに使用する机です。

    ▶︎詳細
  • 経机マット 防炎加工

    経机の上(天面)の傷防止に合わせて、線香などが火がついたままマットの上に落ちても、燃え広がりにくい、難燃加工がされています。

    ▶︎詳細
  • 金襴輪

    大谷派においては鈴ぶとんではんく、金襴輪という丸い輪に金襴を巻き付けたものを使用します。

    ▶︎詳細
  • PC角リン台 溜面金

    おリンを置く台として使用します。大谷派では四角型をしたものを用います。

    ▶︎詳細
  • 黒檀綴巻リン棒

    おリンを鳴らすのに使用します。使わない時は、おリンの中に入れます。

    ▶︎詳細
  • PC線香差し 朱色

    予備のお線香を立てるのに使用します。

    ▶︎詳細
  • 青磁マッチ消し

    使用したマッチカスを捨てるのに使用します。

    ▶︎詳細
  • 釣鐘型ローソク消し 磨き

    ローソクの火を消すのに使用します。

    ▶︎詳細
  • 和蝋燭 朱

    真宗では法要時に朱ロウを使用します。

    ▶︎詳細
  • 毛はたき

    お仏壇の埃を払うお掃除道具として使用します。金箔部分には使用できません。

    ▶︎詳細
  • シリコンクロス

    お仏壇のお掃除道具として使用します。金箔部分には使用できません。

    ▶︎詳細

pagetop