提灯の種類

  • 行灯(あんどん)


    回転行灯と大内行灯が代表的なものになります。
    床置用で3本足の上に火袋があります。
    名前の由来は不明ですが、「大事な場所に置く行灯」という意味ともいわれています。

  • 住吉(長提灯)


    天井から吊り下げる華麗で優雅なお提灯です。
    細長で筒状の形状をしています。博多の住吉町で使われはじめ、九州や北関東で主に使われています。
    専用のスタンドもございます。

  • 御所提灯


    壺型の形状をしたお提灯で住吉の間に飾ったり、御所のみを吊り下げる地域もあります。
    「岐阜提灯」とも呼ばれます。

  • 門提灯


    絹張り・紙張りともに一重と二重がございます。

  • 霊前灯


    行灯や、住吉と一緒に飾られる事が多く、一年中ご使用される方もいます。素材はプラスチック製のものが中心になります。

  • 御殿丸


    丸形の形状をしたお提灯で、住吉の間に飾ったり、御殿丸のみを吊り下げる地域もあります。

  • 博多長


    楕円形の形状をした迫力のある大きな提灯です。
    博多で使われはじめて、九州の北部地方で使われています。

  • 切籠灯籠(真宗用切子灯籠)


    真宗では、お盆は切子灯篭を飾ります。

  • 前ゴザとゴザ座布団


    夏場に、ご仏前で使用します。
    い草製で、見た目もお仏壇の前を涼しげにしてくれます。

  • 創作提灯


    モダンなデザインのものが多く、お部屋のインテリアとしてご使用される方もいます。
    伝統の技を生かしながら新しい流れをとりいれたお提灯です。

pagetop